便秘で血便が出たら疑うべきもの

排便をしてうんちに血が混じると何かの病気に掛かったのかもと思いびっくりしますが、血便が出た際に疑われるものについて書いてみます。

 

・痔
・大腸がん
・胃がん
・胃潰瘍十二指腸潰瘍

 

肛門付近の出血であればそれほどの問題にはなりませんが、内臓や胃からの出血であれば早急に精密検査が必要となります。

 

血便の原因が痔であればあざやかな出血がみられます。
排便の後に拭き取った紙に血がつきます。

 

血便の原因が痔ではない場合は、黒色の血が混じることがあります。
この場合は、病院で検査をするようにしましょう。

 

便秘と痔の関係

便秘と痔には切っても切れない関係があります。
便秘が悪化することで痔になる可能性が高くなるし、痔になれば痔の影響でさらに便秘が悪化することもありえます。

 

便秘が原因でなる痔には切れ痔といぼ痔があります。
切れ痔といぼ痔について説明を行います。

 

切れ痔

痔には切れ痔といぼ痔がありますが、まず切れ痔について説明します。
肛門付近の皮膚が切れた状態です。
便秘により便が固くなり排便時のふんばった際に切れます。
切れ痔は激しい痛みを伴うので切れ痔によりさらに踏ん張ることができなくなり便秘が悪化します。

 

いぼ痔

肛門にいぼ状のはれができる状態です。
いぼ痔になる原因は、排便時に肛門に負担が掛かることにより血液の循環が悪くなるために発生します。
切れ痔ほどの激しい痛みはありません。

 

切れ痔の治療法

切れ痔の治療法について説明をします。
重症なものでない限りは自宅ででも治療が可能です。

 

まず、出血した肛門を綺麗に拭きます。
出血部分を家庭用消毒液で消毒します。
切れ痔用の薬を塗ります。

 

切れ痔用の薬は薬局に売っていますので聞いてみるといいでしょう。

 

注意しないといけないのが、便秘が解消しないと再発する可能性があるということです。
痛みが治まってもしばらくは薬を塗りましょう。

 

重症なものの場合は、消毒して薬を塗ったぐらいでは治らないので手術をしないといけない場合もあります。
出血が止まらない場合などは、近くの病院の肛門科に行って下さい。

 

いぼ痔の治療法

いぼ痔も状態によっては自宅で治療が可能です。
いぼ痔の種類としては、痔が肛門の内側にできる内痔核と外側にできる外痔核があります。

 

内痔核の重症度はI度〜IV度で表します。
I度〜II度の内痔核であれば肛門付近を清潔にすることと生活習慣おもに便秘の改善で回復が可能です。

 

III度〜IV度重症になると病院で日帰り手術が必要な場合もあります。

 

便秘と大腸癌の関係

大腸癌と便秘には密接な関係があります。
特に慢性的に便秘である人は大腸癌になる可能性が高くなります。
慢性的に便秘ということは、発癌物質である便が大腸内に長く滞在することになり発癌のリスクが高くなります。

 

まとめ

血便が出た場合は、慎重な対処が必要です。
便秘が原因となって血便となるのは、痔であることが最も多いです。

 

血便の原因が痔である場合は命の危険性はありませんが、痔と思える出血が長引く場合は肛門科などを受診して専門医の治療を受けるようにしましょう。

 

もちろん、痔になるほど便秘を悪化させないことが重要と言えます。

 

>>お勧めの便秘解消はこちら<<