一般的な内科・消火器の便秘治療とは

 

便秘に悩む多くの人は市販の便秘薬を飲んで済ませます。
便秘は、以前ほど軽視しなくなっていますが、やはり便秘で病院に行く人は多くありません。

 

市販の便秘薬では効かずがまんできない人や薬を飲めない妊婦や赤ちゃんなどです。

 

妊婦は、掛かっている産婦人科で診察してもらい薬を出してもらうことが多いのですが、便秘に悩む人は内科・消火器に通います。

 

内科・消火器ではどんな治療をするかというと症状を聞いて下剤を処方するのです。

 

便秘の強さや市販の便秘薬の服用期間によって処方する薬を変えるのです。

 

薬というと便秘を治療しているような気がしますが、実はそうではありません。薬の力で無理やり排便を促しているのです。

 

薬の力で排便すると楽になりますが、しばらくするとまた便秘になるのです。継続して便秘薬を飲み続けると薬の種類によっては量を増やさないと効かなかったり副作用が気になったりします。

 

ようするに病院に行っても根本的な治療にはならないのです。

 

順天大小林弘幸医師が日本で初めて始めた便秘外来とは

 

便秘で病院に行っても仕方がないと思うかもしれませんが、がっかりする必要はありません。

 

実は、便秘の診察を専門的に行っているところがあるのです。
それが「便秘外来」なのです。

 

便秘外来は、20年ほど前に順天大の小林医師が初めて開設した便秘を本格的に治療することを目的とした専門外来です。

 

20年前は、便秘で病院なんてとんでもない軽視されていましたが、今では診察に待ち行列ができるほどの人気なのです。

 

便秘に悩む人や下剤依存症の人までいろんな人が訪れます。

 

順天大の便秘外来と他の病院との違いは、便秘を根本的に治療することでとりあえず下剤を出しておけ的なことはせず便秘の原因になったことを1つづつ丁寧に取り除いていきます。
これが人気の秘密でもあります。

 

また、順天大の便秘外来を皮切りに全国各地で便秘外来が作られています。

 

 

>>便秘外来は近くにないという人にはこちらがお勧めです。<<