イレウス(腸閉塞)とはどんな病気?

イレウスは便秘が続くとなる可能性がありますが、イレウスとどんな病気かについて説明します。

 

イレウス(腸閉塞)とは腸の動きが悪くなったり腸が狭くなったりすることで腸に内容物がつまる病気です。

 

イレウスは食べたものが腸につまるのでお腹が張ってきたり、腹痛の症状がでます。

 

強い痛みと吐き気を催します。
強い痛みがあっても一旦収まったりすることがあるので安心してはいけません。

 

症状がひどいと食べ物が逆流してきて嘔吐する場合もあります。

 

イレウス(腸閉塞)になる原因とは

イレウスにも種類があり種類によって原因は異なります。
イレウスには大きく分けて単純イレウスと複雑イレウスがあります。

 

単純イレウス

単純イレウスは開腹手術の後に腸が癒着する場合発生します。
また、大腸癌や宿便などが原因になって発生することもあります。
便秘が原因となって発生するのもこちらのイレウスです。

 

複雑イレウス

腸軸捻転や鼠径ヘルニアによって発生するイレウスです。
激しい腹痛や嘔吐を発するため緊急の対処が必要です。

 

イレウスで死亡することがある?

イレウスで死亡することがあるかについてみます。
イレウスは死亡率が高い病気です。

 

癌などの合併症で発生するケースも多く一概にイレウスで死亡したとは言えないケースもあるので%は出せませんが、死亡率が高い病気なので気をつけたほうがいいでしょう。

 

イレウスの治療方法とは

イレウスは発生すると自然に治ることはほとんどありません。
イレウスになれば我慢をしないで病院で治療をしないといけないということになります。

 

イレウスかどうかというのは病院で検査をしないとわからないのでイレウスらしい症状が出た際は早い目に病院に行って検査しないといけません。

 

便秘の治療となると内科の受診になりますが、イレウスとなると外科での治療となります。

 

イレウスか判断するためには超音波やCTにて検査を行います。
治療法としては保存療法と外科的手術の2つです。

 

まとめ

イレウスになると場合によっては緊急の処置をしないといけません。
便秘が悪化してイレウスになる場合もあるので強い腹痛や吐き気がある場合に関しては病院に行ったほうがいいでしょう。

 

便秘で腹痛というのは普通でもあるので病院に行くための判断が難しいのですが、思い切って早い目に行くぐらいがいいでしょう。

 

イレウスでなければそれで安心だし、イレウスになるまで便秘を悪化させないことが重要です。

 

>>便秘を重症化させないための方法はこちら<<