便秘は死亡しなくてもこれだけ悪い影響がある

 

当サイトは、便秘が重症化すると死亡するということをテーマにしていますが、実際に死に至るケースはごくまれです。

 

しかし、実際に死に至ることはなくてもかなり身体に悪影響を及ぼすことは間違いありません。
ただ、単にすっきりしないわけではありません。

 

便秘が身体に及ぼす悪影響は以下の通りです。

 

  • お腹が張る
  • 痔になりやすくなる
  • おならが異常に臭くなる
  • 腸内の細菌が悪玉菌優勢となる
  • 腸の病気になりやすくなる
  • 有害物が身体に吸収される
  • 肌のつやがなくなる
  • 皮膚のトラブルが多くなる

 

 

日ごろから食生活の改善が重要

 

便秘が身体に及ぼす悪影響は少し挙げただけでもこれだけあります。
高々、便秘と思って放置しないで日頃の食生活から直すことが大事です。

 

肉食中心だと腸内環境も悪化しやすく便秘になりやすくなります。
野菜を中心とした食物繊維を中心とした食生活が便秘解消には効果的ですが、それでも頑固な便秘は中々改善しません。

 

最悪なのが、市販の下剤を飲み続けるということです。
市販の下剤によって腸はさらにダメージを受けることになります。

 

 

>>そんな悩めるあなたにお勧めな便秘解消法はこちらです。<<