妊娠高血圧症候群

妊娠中に妊婦に起こる不快な症状にはいろんな症状があります。
その1つに妊娠高血圧症候群があります。

 

妊娠高血圧症候群というのは、元々血圧が高くないのに妊娠中期以上なった際に高血圧になるというものであります。

 

なぜ、妊娠高血圧症候群になるのかというのは究明されておらず対策もありません。

 

ただし、やはり妊娠高血圧症候群になりやすいのは高齢・元々高血圧・肥満といった人がなりやすいです。

 

妊娠高血圧症候群になると、胎児発育不全・常位胎盤早期剥離などを起こすリスクが高くなります。

 

 

たかが便秘が死に至ることもありえるケースとは

 

妊娠するとなる症状に便秘があります。
これは、ホルモンバランスの問題やお腹に赤ちゃんができることにより腸を圧迫するためである等言われています。

 

たかがか便秘と思うかもしれませんが、これが何日も続くとかなり苦しいものです。

 

やはり妊娠中とあって中々便秘薬は飲めないので結構我慢している人も多いです。

 

高血圧と便秘って全然関係ないような気がしますが、実は非常に危険なケースがあります。

 

それは、便がでないときにトイレで「いきむ」ケースです。
トイレで「いきむ」場合って実はとても血圧が上がるのです。

 

元々、血圧が高いと脳の疾患が発生する可能性があります。
あと少しで出そうだけど気張ると「プチ」という感じです。

 

笑い事ではありません。
便秘で死ぬことだってあるのです。

 

妊娠して血圧が高いと降圧剤は飲んでいると思いますが、トイレでのいきみには注意をして下さい。

 

重度の便秘にならないように食事などには注意をしましょう。
我慢できないときは、産科の医師に相談して下さい。

 

 

>>それでも解消できない場合は、こちらがお勧めの対処です。<<