種類によって異なる便秘薬の効果

 

便秘薬(下剤)にも種類があり種類によって効果が異なります。
便秘薬を使っている場合は、その効果は種類によって異なるということは知っておくべきです。

 

便秘薬は大きく分けて2つの種類に分類されます。
「刺激性下剤」と「機械性下剤」です。

 

刺激性下剤

腸を刺激することで腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し排便を促します。
刺激性下剤にも大腸を刺激するタイプと小腸を刺激するタイプがあります。

 

大腸刺激性下剤

大腸を刺激性の下剤は即効性が高く短期的には効果があります。
反面副作用があり常用は避けるべきです。

 

大腸刺激性の下剤の中でもアントラキノン系の下剤は副作用で問題となっています。
市販の便秘薬の70%はアントラキノン系の便秘薬というのは覚えておいたほうがいいでしょう。

 

小腸刺激性下剤

大腸を刺激性の下剤に比べ副作用歯少ないです。
オリーブ油・ひまし油などが該当します。

 

機械性下剤

機械性の下剤は、便をやわらかくしてかさを増やしたりして排便を促します。
機械性の下剤も「塩類下剤」「膨張性下剤」「潤滑性下剤」の3つに分類できます。

 

便秘薬(下剤)の分類

便秘薬を商品別に分類すると以下のように分類されます。
よく比較される便秘薬の強さは
  アローゼン≒プルゼニド>ラキソベロン>マグミット・マグラックス です。

 

種類

分類

薬剤

刺激性下剤 大腸刺激性下剤

・フェノールフタレイン系
 フェノバリン
・アントラキノン系
 アローゼン、プルゼニド
・ジフェニルメタン系
 ラキソベロン

  小腸刺激性下剤 ヒマシ油・オリーブ油など
機械性下剤 塩類下剤 マグミット、マグラックス、マグコロール
  膨張性下剤 バルコーゼ顆粒
  潤滑性下剤 日本ではあまり使用されていない。

 

便秘薬には腹痛がつきものというわけではありません!

イメージというものは怖いもので便秘薬というとどうしても腹痛というイメージがあります。

 

薬である以上、副作用はあるので「腹痛がない」から飲んだほうがいいとか、「腹痛がある」から飲まないほうがいいとかいうものではありません。
しかし、すべての便秘薬に腹痛があるというものではありません。

 

病院で出された薬以外に自分で便秘薬を購入するケースもあると思いますので購入する便秘薬がどういう便秘薬かを知っておく必要があると思います。
本サイトでも説明しているように便秘薬をいくつかの分類に分けることができます。

 

その分類によって腹痛が起こるタイプの便秘薬とそうでない便秘薬に分けることができます。
腹痛が発生しやすいタイプの便秘薬は、大腸を刺激するタイプの便秘薬です。

 

主にアローゼン・プルゼニドといったものです。
これらの薬は、妊婦には処方されることはありませんが、妊婦によく処方されるマグミット・マグラックスなどの便に水分を含ませるタイプの便秘薬でもまれに腹痛が起こる場合もあります。

 

便秘薬は、根本的な対処でないため推奨しませんが、薬を飲む以上はこれらのことは認識しておいたほうがいいでしょう。

 

 

こんなにある便秘薬(下剤)の副作用

便秘薬(下剤)を使用するということは根本的に解決になっていないため根本的 対策は別と考える必要があります。

 

便秘薬を使用するということは多かれ少なかれ副作用があります。
排便が行われないことによって体内の老廃物が排出されないため短期的には便秘薬を使用する必要がある場合があります。

 

問題となるのは継続的に使用する場合です。
アントラキノン系の場合、最初は効果がありますが、常用しているとだんだん効かなくなります。
だんだん効かなくなってくると服用する量が増えていき悪循環となります。

 

アントラキノン系の下剤では動きの悪くなった腸を無理に動かすため腹痛になることがあります。 もっと恐ろしいのはアントラキノン系の下剤を長期に服用することで大腸そのものに影響があるということです。

 

アントラキノン系の下剤を長期的に使用すると大腸メラノーシスになります。
健康な大腸はピンク色をしていますが、大腸メラノーシスとなった大腸はには黒いしみが発生しひどいものになると真っ黒になります。

 

機械性下剤は、刺激性の下剤に比べ効果はゆっくりでその分副作用もありません。

 

>>下剤に頼らずうんちを出す方法はこちら<<