苦しい便秘の状況記事一覧

便秘は死亡しなくてもこれだけ悪い影響がある当サイトは、便秘が重症化すると死亡するということをテーマにしていますが、実際に死に至るケースはごくまれです。しかし、実際に死に至ることはなくてもかなり身体に悪影響を及ぼすことは間違いありません。ただ、単にすっきりしないわけではありません。便秘が身体に及ぼす悪影響は以下の通りです。お腹が張る痔になりやすくなるおならが異常に臭くなる腸内の細菌が悪玉菌優勢となる...

水分不足が便秘の大きな要因実は便秘になる大きな要因の1つとしては水分不足があります。肉ばっかり食べて腸内に悪玉菌が多くなるというのと変わらないぐらい大きな要因です。腸内の水分が不足すると便が固くなってしまい簡単には排便できなくなってしまいます。便秘で亡くなった女性も水分不足でまるでうんちがコンクリートのように固かったと言われています。水分が不足する要因はダイエットが多いでは、なぜ水分が不足するかと...

種類によって異なる便秘薬の効果便秘薬(下剤)にも種類があり種類によって効果が異なります。便秘薬を使っている場合は、その効果は種類によって異なるということは知っておくべきです。便秘薬は大きく分けて2つの種類に分類されます。「刺激性下剤」と「機械性下剤」です。刺激性下剤腸を刺激することで腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し排便を促します。刺激性下剤にも大腸を刺激するタイプと小腸を刺激するタイプがあります。大...

救急車を呼ぶべき場合とは救急車とは緊急性の差し迫った傷病者を病院などの医療機関に搬送する車と定義されています。ですので簡単に呼ぶべきものではありません。テレビドラマでは、わがままなお金持ちがタクシー代わりに使用しているということが放送されたこともありますが、実際の生活ではそういったことは許されません。このようにタクシー代わりに使うのはありえないこととしても自力で病院に行くことが可能な状態であれば自...

イレウス(腸閉塞)とはどんな病気?イレウスは便秘が続くとなる可能性がありますが、イレウスとどんな病気かについて説明します。イレウス(腸閉塞)とは腸の動きが悪くなったり腸が狭くなったりすることで腸に内容物がつまる病気です。イレウスは食べたものが腸につまるのでお腹が張ってきたり、腹痛の症状がでます。強い痛みと吐き気を催します。強い痛みがあっても一旦収まったりすることがあるので安心してはいけません。症状...

イレウスと並んで恐ろしい大腸穿孔とは便秘で恐ろしいのはイレウス(腸閉鎖)です。場合によっては死亡することさえあります。でも便秘が悪化して恐ろしいのはイレウスだけではありません。「大腸穿孔」というものになる可能性があります。「だいちょうせんこう」と読みます。穿孔には穴があくという意味があります。「大腸穿孔」というのは、腸に穴が空く病気ということになります。穿孔というのは、大腸だけではなく十二指腸や胃...

以外にも便秘で手術となるケースあり便秘というとうんちが何日も出ない日が続いて苦しい思いはしますが、手術をしないといけないというイメージはありません。出なかったら便秘薬を飲むというイメージぐらいです。でも実際には、便秘が起因して手術をしないといけない可能性はあります。便秘で手術をしないといけない場合について説明していきます。便秘で手術になる可能性があるのは主に以下の4パターンです。便秘が悪化して腸閉...

うんちの色や形はめちゃくちゃ重要うんちの色というのは食べたものにより若干変わるかもしれませんが、健康状態を表していると言われています。うんちに赤いものすなわち血が混じればどこかで出血しているかもしれません。理想的なのは、黄土色した歯磨き粉ぐらいのやわらさでバナナ2、3本ぐらいの量のうんちです。あまり見たいものではありませんが、排便する際はうんちの色や硬さは見ておいたほうがいいでしょう。便秘が続いて...

便秘で血便が出たら疑うべきもの排便をしてうんちに血が混じると何かの病気に掛かったのかもと思いびっくりしますが、血便が出た際に疑われるものについて書いてみます。・痔・大腸がん・胃がん・胃潰瘍十二指腸潰瘍肛門付近の出血であればそれほどの問題にはなりませんが、内臓や胃からの出血であれば早急に精密検査が必要となります。血便の原因が痔であればあざやかな出血がみられます。排便の後に拭き取った紙に血がつきます。...

【目 次】1 便秘の定義とは2 何日までため込むことができる?3 どれぐらいで病院に行くべき?4 便秘薬で解消できる?5 まとめ便秘の定義とは便秘が何日続くと危険な状態になるかという以前にどういう状態が便秘になるかについて書いてみます。「便秘」とは排便がないことを指しますが、排便のリズムは個人によって違いますので個人の感覚なら便秘と定義は違ってきます。ですので医学的にも明確な便秘の定義はなく便がで...

宿便って何?宿便とは、うんちがお腹に溜まって排便されないことをいいます。何日便秘が続くと宿便になるなど明確な定義はありませんが、うんちがお腹に溜まるということは身体にいいことではありません。宿便になる理由は、便秘になる理由とほとんど同じで無理なダイエットや便秘薬による腸の機能低下、ストレスによる排便機能の低下などです。宿便は身体に悪いもちろん、便秘と同じように身体にはいいものではありません。うんち...

便秘で嘔吐について便秘と嘔吐はあまり関係がないようなことのような気がしますが、実はよくあることなのです。便秘が長い間続くと吐き気を催し嘔吐するということは珍しくはありません。便秘ということは消火器器官である腸の不調で発生します。同じ消火器器官である胃が不調になっても不思議ではありません。当ページでは、便秘で嘔吐する場合について説明を行います。便秘で嘔吐する原因について便秘で吐き気を催し嘔吐する場合...

まるで妊娠5、6ヶ月のようなお腹になる男性ではなく女性に多いのですが、お腹が張って大きくなりまるで妊娠5、6ヶ月のようなお腹になることがあります。これは、便秘が原因であることが多いです。特に生理前になればひんぱんに起こるのであればほぼ間違いなく便秘が原因です。なぜかという女性は生理前になると黄体ホルモンの分泌が通常の20倍もの量になります。この黄体ホルモンが水分を奪い腸の蠕動運動を鈍くさせます。こ...

便秘薬や下剤は根本的な治療にはならず便秘も立派な病気です。便秘で病院に行っても恥ずかしいものではありません。便秘といっても拗れると死んでしまうことさえあります。便秘が続いて病院に行きたいと思った場合、何科の医者に掛かるか考えます。便秘が拗れて腸閉鎖になれば入院設備のある病院に行く必要がありますが、そうでなければ近くの町医者に行きます。普通は、「内科」です。消化器を標榜していればいいのですが、そうで...

妊娠高血圧症候群妊娠中に妊婦に起こる不快な症状にはいろんな症状があります。その1つに妊娠高血圧症候群があります。妊娠高血圧症候群というのは、元々血圧が高くないのに妊娠中期以上なった際に高血圧になるというものであります。なぜ、妊娠高血圧症候群になるのかというのは究明されておらず対策もありません。ただし、やはり妊娠高血圧症候群になりやすいのは高齢・元々高血圧・肥満といった人がなりやすいです。妊娠高血圧...

便秘薬の中ではおすすめの酸化マグネシウム便秘薬の中では安全で長期的に服用しても副作用が少ないと言われている酸化マグネシウムですが、死亡例が報告されました。医薬品医療機器総合機構により2015年10月20日に発表されました。酸化マグネシウムは、アントラキノン系の便秘薬と違い大腸を刺激して排便を促すのもではなく、便に水分を膨らませて排便を促すもので安全と言われてきました。アントラキノン系の便秘薬だと長...

一般的な内科・消火器の便秘治療とは便秘に悩む多くの人は市販の便秘薬を飲んで済ませます。便秘は、以前ほど軽視しなくなっていますが、やはり便秘で病院に行く人は多くありません。市販の便秘薬では効かずがまんできない人や薬を飲めない妊婦や赤ちゃんなどです。妊婦は、掛かっている産婦人科で診察してもらい薬を出してもらうことが多いのですが、便秘に悩む人は内科・消火器に通います。内科・消火器ではどんな治療をするかと...

便秘気味の人は2、3日でないことも当たり前だけと妊婦さんや便秘気味の人はうんちが2、3日でないということはあたり前にあります。ただし、便秘が1週間近くになるとお腹がパンパンになって苦しくなってきます。日本人のうんちの量は、1日150〜200gと言われています。もちろん、でっかいうんちをする人もいるので個人差はあります。ダイエットが原因で便秘になった人はかなり少ないかもしれません。こう考えると3日便...